あまり古い年式では不可能かもしれません

車を担保にしてお金を借りることは可能だといえます。たとえば、車というものは、下取りしたり、買取してもらうというと、100万円くらいになることも考えられます。そんなことから、その車の価値相応の融資はしてもらえるといえるのです。
しかし、車の年式が古かったりすると、担保にはならないと考えられます。たとえば、購入してから10年くらいたっているような車だと、買取価格が10万円くらいだったりします。そうなると、車を担保にして融資を受けるということは、不可能かもしれません。また、仮に、融資を受けられたとしても、その金額は、ほんの少しだとも思われます。

とにかく、車を担保にして融資を受けようと考えたら、今所有している車の価値というものを知っておくことが必要になります。いわゆる高級車と呼ばれるような車ならば、年式が古くても融資を受けることは可能になります。しかし、軽自動車など、安い車だったりすると、年式が古くなると、その価値は高いとはいえません。そして、担保になるとは言い切れないのです。

車というものは、購入する時には、高いお金を支払うものです。しかし、経年によって、だんだんと価値が下がってしまいます。お金が足りないようなことになったら、車を担保にして融資を受ければいいなどと考えていると、期待外れになってしまうことも考えられます。

ただ、車のグレードや年式によっては、十分な融資を受けられることもあります。その点は、理解しておくといいでしょう。

About the author